【予告】最新シリーズ「人形島殺人事件」金田一少年の事件簿R(リターンズ)第1話のあらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年10月7日(水)発売の週刊少年マガジン45号で、金田一少年の事件簿の最新シリーズ「人形島殺人事件」が開幕!

ひとつの暗号から始まる殺人劇!

はじめにふりかかる恐るべき事件とは!?


スポンサーリンク

あらすじ

名探偵の孫であるはじめは、不動高校の教師・朱鷺田からあるモノを渡される。
それはまるで意味をなさないように見える奇妙な文字の羅列。

それは、朱鷺田の母が亡くなった後、遺品の人形に隠されていた暗号だった。
彼女にはその暗号が解けずに一に解読を依頼。

一はその暗号を見事に解読するのだが、その意味は果たして・・・。

そして、暗号の意味が解き明かされた時、人知れず恐るべき殺人劇の舞台への道が開かれていく・・・。

詳細は2015年10月7日(水)発売の週刊少年マガジン45号にて。

展開予想

このあらすじを見る限りでは、教師からの暗号解読の依頼だけだが、恐らくこの後に朱鷺田の実家がある人形島に行くことになるでしょう。
人知れず事件が動きだすというのは、島の中でその時を待っていた人物がいるという意味でしょう。

しかし、ここで疑問に思うのは、暗号が解読されてから事件が動き出す=暗号解読を知っている人物が事件を起こすという意味になるのでこれだけで犯人が確定してしまうのではないだろうか・・・。

まだ本編が公開はされていないが、このあらすじだけで推理すると、朱鷺田は暗号の解読を切望していて、解けた瞬間に事件が始まるとなると、どう考えても朱鷺田を疑う以外にはない。

ただ、島での状況がどのようなものなのかがわからないのであくまで全て妄想推理となります。

ちなみに、重要人物の教師・朱鷺田の鷺はさぎです。

スポンサーリンク

感想

いよいよ長編の新シリーズが始まります。
テレビアニメの放送開始と新シリーズの連載と、再び金田一少年の事件簿が盛り上がる時期が来ました。

またテレビドラマでも放送されればさらに盛り上がるのですが。

とりあえず、新シリーズの「人形島殺人事件」は、タイトルからしても金田一の世界の独特な恐ろしさがありそうな予感で非常に楽しみです。

子供の頃、金田一耕助シリーズをよくテレビで見ていて、その恐ろしさにビビリながら見続けていた記憶があります。
怖いんだけどなぜか引き込まれる世界。

なんとなくそれに雰囲気が近ければ近いほど、怖いけどどこか懐かしさを感じてしまうんですよね。

個人的に印象に残っているのは古谷一行さん主演の「悪魔の手毬唄」と「犬神家の一族」ですね。
見ていたのは小学校低学年の頃だったので、めっちゃ怖かったのを覚えています。

確か民放で放送されていたと思うのですが、今だと色々と問題があって放送できないでしょうね。
金田一少年の事件簿は原作が漫画ですし、実写化されてもそこまで過激な描写はないのですが、金田一耕助シリーズの映像は衝撃的すぎますからね(^^;

さて、話がそれてしまいましたが、新シリーズ開幕するということで、また推理していくつもりです。
毎回毎回「冷静に、慎重に」と言っているわりにはすぐに暴走してしまうのですが、今度こそ冷静に、早とちりせずにいきたいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*