金田一少年の事件簿Rリターンズ「蟻地獄壕殺人事件」第1話【今回のツッコミどころ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

wpid-screenshot_2015-01-29-22-38-53_1.jpg
あんたの顔もどうなのよ・・・(^_^;)


スポンサーリンク


作品の時代背景は?

これは前々からみ~んな気になりながらお、まあそこは仕方ないか・・・。
とスルーしている部分だと思いますが。
金田一少年の事件簿が始めて連載されたのが1992年で、設定は高校2年生。
連載が進むにつれて、ケータイが出現し、今ではスマホが出現!
あげくの果てに金田一が課金ゲームにハマる始末ww
どうなってるんでしょうかね(^_^;)
それがトリックに関係なければいいのですが、人喰い研究所ではケータイをトリックに使うし、雪鬼伝説ではもう当たり前のようにみんなスマホを持っています。
スマホは事件解決にも役立つアイテムでもあるので、事件によって、あるかないかで解決するにあたって、あまり頻繁にスマホを出すのはよくないきがするなあ・・・。
できればそういったものに頼らないトリックと事件の解決の仕方に期待したいですね。
ちなみに、金田一がハマっている課金ゲームのタイトルは「KAIJU ONLIE」(かいじゅうオンライン)。
金田一が必死で書いている紙に、課金アイテムらしきメモがあって「魔貝石」と書いてあるので、恐らく「怪獣」ではなくて「貝獣」なんでしょうね。
そしてその「魔貝石」が10個で2000円だと推測!
つまり金田一はバイト代の20000円で「魔貝石」を100個買うつもりなんでしょうねw

 

 

打つのが大変!!

これも今に始まったことではないのですが、記事を打っているとものすごく嫌なことがある。
それは、金田一少年の事件簿の登場人物の名前です!
蜂倉やら、祝木やら、鯖木やら・・・とこれも打つのがめんどくさいのですが。
そんな苗字の人いる!?
さすがにネーミングが非現実的すぎですよ!
読みは普通なのに字がまあかなりのレアっぷり、というかいないでしょうね。
パソコンではまず一括変換できないので大変です(^_^;)

 


スポンサーリンク


なんで「生」がなくなった?

打っていて気がついたのですが、第1話で、始めてメンバーが顔を合わせる場面、いつも通り一人ずつ、一言のセリフとフルネーム、服の色と何年生なのかが記載されているが
巳月・高校2年生・赤
祝木・大学3年生・オレンジ
までは普通なのだが、なぜか次の彩世から
彩世・大学3年・ベージュ
次の華形も
華形・大学2年・黄色
となり、そのまま最後の司まで「生」がない。
単なるミスでしょうが、自分の性格上はこういったところが統一性がないと気になって仕方がないですね(^_^;)

ツッコミどころというよりは、アラ探しみたいになってしまいましたが・・・。
以上、金田一少年の事件簿Rリターンズ「蟻地獄壕殺人事件」第1話のツッコミどころ記事でした。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*