血溜之間殺人事件② ネタバレ感想 金田一少年の事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

金田一少年の事件簿
血溜之間殺人事件②

ネタバレ感想


スポンサーリンク


※この物語はフィクションであり、実在の人物、団体名等とは一切関係ありません。
※以下からの内容はネタバレを含みます。 推理が完了していない方はご注意下さい。
※読まれる方によっては、気分を害される内容が含まれている可能性もあるので閲覧にはご注意下さい。

以後の世界にある奇妙な言い伝え。

碁盤の4本の足はクチナシの実の形をしているが、これは観戦者が横やりを入れることを戒める意味で「口無し」にかけて作られたものだという。

碁盤を裏返すと真ん中にへこんだ「臍」という部分がある。
これを別名「血溜まり」と呼ぶ。

内容・あらすじ

翌朝、朝食の時間に集まった二校の部員たちだが、そこに星の姿がなかった。

はじめと三ツ石が対局場へ確認に行くがそこにもいない。

食堂へと戻り、全員に事情を説明して手分けして星を探すことになった。

その後、中庭で海峰が奇妙なものを見つける。

wpid-imag5643_1.jpg

「ホシ血ダマリノ間ニ死ス」

水の底に沈む碁石を海峰が拾いあげると、それは天海の名品の碁石だった。

そこへ剣持もかけつけ血溜之間へと戻ろうとするが、海峰は国宝級の碁石を放ってはおけないと言って拾いはじめる。

海峰をそのままにして、血溜之間へ到着したはじめと剣持。

さっきまでは普通だったはずの碁盤の上に紫の布がかぶせられている。
その布をはじめが取ると、裏返しにされた碁盤の上に星の生首が置かれていた。

騒ぎに気づき、他の部員もほぼ同時に駆けつけた。

その後、防犯カメラの映像や関係者のアリバイを調査。

その結果、梔子荘に外部から侵入した者はいないが、関係者全員にアリバイが確定していることがわかった。

だが、そんなことはあるはずがない。
犯人は囲碁に詳しい人物で、必ずこの中にいるというはじめ。

「必ずその謎を暴いて見せる・・・」

wpid-imag5642_1.jpg

「ジッッチャンの名にかけて!!」

事件概要

被害者:星桂馬
発見現場:生首→血溜之間、胴体→納戸
死亡推定時刻:昨夜午前1時前後

敷地内への出入り口にある防犯カメラには、不動高校と開桜学院の囲碁部関係者と管理人二人しか映っていない。

アリバイ

はじめと三ツ石が部屋を確認して、一度食堂へ戻ってから首を発見するまでの時間は5分。
この間のアリバイを検証すれば容疑者が絞れる。

人物考察

海峰学

庭で別れてから部屋に戻ってくるまでの時間は2分。
はじめが碁石をバラバラにしてから元に戻す実験をおこなった結果、1分45秒かかった。

三ツ石勲

風呂場を確認しに行き、管理人ど出会ったが、声をかけなかったために管理人は三ツ石がいたことを確認していない。
警察の調べで、風呂場の戸口の取っ手から、管理人の指紋とその上に三ツ石の指紋、さらに管理人が出ていく時についた指紋が残っていることが確認される。

風呂場との往復だけでも2分以上はかかる。

天元花織

集合した時には浴衣を着ていたために、部屋に戻って制服に着替えてから戻ってきた。

美雪立ち合いの検証の結果、どれだけ急いでも着替えだけで3分が限界だった。

岡目秀策

騒ぎを聞いて、玄関先の公衆電話から星の自宅に電話をかけていた。
通話記録を警察が調査し、4分以上の通話が確認された。

小角由香里

騒ぎを聞いて美雪を呼びに部屋に戻り、それからは二人でずっと一緒にいた。
美雪の部屋は2階にあり、はじめの検証の結果では5分以内に全てを行うことは不可能と判断。

スポンサーリンク

感想

かなりエグイことやってくれてますね(^^;

こんなの部活中になんか見たくないし、高校生でこんなの見たらマジでトラウマになっちゃいますよ。

それでも殺したいとまで思った犯人って一体どれだけの恨みがあったんでしょうかね?

そして単純な疑問・・・。

生首が置いてあったとのことですが、犯人はどうやって被害者の首を切断したんでしょうかね?
人の肉や骨というのはそんなに簡単にキレるものではないですし、そのような本格的な道具がたまたまこの梔子荘にあったんでしょうかねえ・・・不思議。

で、問題の犯人探しですが、これは比較的簡単にわかりますね。

あきらかに目立った行動や発言が多い人物ですし、一人だけ完全怪しいのでアリバイさえ崩してしまえばいいわけです。

つまり、この話は、全員アリバイが確定しているわけですから、アリバイを崩せる者=犯人なので、その順序で犯人を特定することのできます。

しかも、犯人特定だけなら、アリバイを完全に崩さなくても、「もしこれが可能なら・・・」というだけで犯人は決まります。

ただ、自白にまで追い込もうと思えば、やはりアリバイトリックは崩さないと説得力はないので全てを解き明かすしかありません。

読んでいれば大体「こいつだろうな~」というところまでは感じているでしょうから、あとはそのアリバイを崩すだけ。

犯人は誰なのか?
どのようにして生首を置いたのか?

私たちも「○○にかけて」この謎を解き明かしましょう!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*